体を大きく見せるには三角筋

体を大きく見せたい、と思って筋トレを始める人は多いですよね。

ケンカを売られなくなったりといいことがかなりあります。

見た目だけでビビってくれるので楽ですよね。

そんな体の大きさに大きく関係してるのが三角筋という筋肉。

いわゆる肩の筋肉です。

肩回りを発達させれば絶対に大きく見えてくるはずです。

そのポイントはショルダープレスです。

バーベルを寝っ転がってあげるのがベンチプレスですよね。

これを座りながらダンベルを上にあげるのはショルダープレスといいます。

肩の筋肉は何かを上に持ち上げることで負荷がかかります。

これをメインに取り入れれば肩回りの筋肉は発達していくでしょう。

ベンチプレスや懸垂ばかりをやってると体の中心だけが大きくなってきます。

そこを大きくするのはとても大事なんですがそれと合わせて肩回りもやることでかなり迫力が違ってくるんです。

しっかりした土台に大きな肩幅があるんですから迫力はすごいですよね。

このショルダープレスはマシンでもあるのでジムに行ってる人はそれをやるのもあり。

ダンベルと違って力が逃げないのでピンポイントに肩の力だけでプレスできるわけです。

歯を食いしばるようなきつさがありますがやりきった後は気持ちいですよ。

バーベルと同じく両方いっぺんにできるので左右均等に鍛えられるのもいいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です